うつ病の症状を知る事がうつ病対策の第一歩

二つの症状がある

うつ病の症状は「精神症状」と「身体症状」と呼ばれる2つの症状に大きく分類する事が出来るようになっています。
それぞれの症状ごとに、様々な症状が出るため基本的な症状については大きな違いはありませんが、人によっては細かな部分で症状の違いがあったりする事も珍しくありません。

うつ病で発症する精神症状には、様々なものがあります。
何に対してもやる気が出ず、理由もなく不安や焦りに駆られる事もあります。そうした不安や焦りを自分ではどうすることも出来ずにイライラしてしまったり、どうすることも出来ない自分を責めてしまうこともあります。憂鬱になり、自分には何一つ価値がないといったように思えて、次第に判断力等も低下してしまうケースもあります。
また、うつ病治療を適切に行なっていたとしても、その効果は短期間で現れるわけではないため、このままずっとうつのままでは?といったように考えてしまう人も少なくありません。一生治すことが出来ないと考えてしまうと、自分の存在が家族に迷惑をかけてしまっていると考えたりするようにもなるのです。その結果、自ら命を絶とうと考えてしまうケースも少なくないため、周りの人のケアもとても大切なのです。

うつ病では、精神症状の他に、身体にも様々な問題が発生してしまいます。
何をするにも身体が怠く、何もする気になれなくなってしまったり、そうして動くことにすら倦怠感を覚えるようになってしまうと、外を出歩くといったような事も面倒になったり、人と会話をする事も面倒になる場合もあります。
そうした人とは逆に、動かずにいられなくなるような人もいます。身体を動かし続け、話し続ける人もいるため、よく動いて話をしている人だからうつ病ではないわけではないのです。
また、眠れないといったような事や、食欲が低下するといったような事も多いため、総合的に症状を見てうつ病かどうかを判断する事が大切です。

うつ病であるのに、うつ病と診断されないケースも実は存在しています。
通常、うつと診断されるためには、精神と身体それぞれの症状が複数同時に現れる事で診断されますが、精神と身体のどちらか片方しか症状が出ない人もいたりします。そうした場合、うつと診断されないため、必然的にうつの発見が遅れてしまいます。その結果、大きな問題になってしまう事もあるため、適切に症状を把握しておくことが必要になるのです。